CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

fromYAP

ミクロネシア、ヤップ島にてボランティア活動中です。
<< 12月24日(金) | main | 12月26日(日) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
12月25日(土)

明日早朝4時半の便でヤップを去るので、今日がヤップ最後の日。昼から、ステイ先の一族がビーチで僕のお別れ会を開いてくれた。何度か書いてきたが、僕のステイ先であるタモウ家はヤップでも有数のビッグファミリー。沢山の人たちが集まってくれて、みんなが「さよなら。また戻っておいで」と言ってくれた。そして沢山のプレゼントをくれた。ヤップのTシャツ、手の込んだ貝の首飾り、(何故か)香水、小さいストーンマネーの置物、シェルマネーと呼ばれる大きな貝殻を加工した伝統的なお金。。。ありがたいという他ない。
今日は曇りで風も強くて寒かったが、海に入って小さい子供たちの相手をした。全く自慢ではないが、タカシは海でのみ子供たちに大人気だ。多いときには5,6人の子供が組み付いてきて、「深いところへ行け」と命令する。一度、足の立たないところで放り出してやろうかと思うが、まじで溺れるのでやらない。
そうして、日暮れと共にパーティ終了。多くの子供たちともここでお別れ。ユージンさんの子供たち、チャールズくん、カスティくん、ルィーシャちゃん、ベネッサちゃん。グアムから来たエィミィちゃん、ケリィちゃん、アズリーちゃん。みんなと「バイバイ」と明日も会うような気軽さで、手を振って別れた。2年間、たくさんの子供たちと過ごせて、本当に楽しかったし、(気分的に)何度と助けられた。難しい話は抜きにして、子供の多い家や村は楽しくて明るい。
その後、ステイ先へ戻って、最後の荷造り。実はこの後、空港近くの、ステイ先の一族が経営する店に移動して、僕が空港へ行くまで更に飲み会をする。多くの人たちがこの飲み会にも来てくれるが、ステイ先のおばあちゃんたちは来ない。つまり一年と半年ぐらい一緒に暮らしてきた、おばあちゃん、エムジェイくん、エミィちゃんとはここでお別れ。部屋で最後の荷造りをしながら、おばあちゃんに何とこれまでの感謝を述べようと思ったけど、実際言えたことは「カンマガール(ヤップ語で"ありがとう")」だけだった。声がつまって、ただひたすらその言葉を連発しただけ。エムジェイくんとエミィちゃんには「大きくなったら日本においで」と言っておいた。エムジェイくんは神妙な顔をしていたが、エミィちゃんは眠そうにしていて、よく分かっていないようだ。別れ際、おばあちゃんもエムジェイくんもエミィちゃんも、いつも僕が仕事へ出かけていくときにかけてくれる言葉「カッファール(ヤップ語で"さよなら")」と言ってくれて、僕もいつも通り「カッファール」と応えて、ステイ先を後にした。
ずっと昔、このステイに来た頃、もしここで2年間暮らすことができて、家族と別れる日は、さすがに薄情者の僕といえど涙の一つも出るんかなとか不埒なことを思ったことがあったけど、実際どうだったかは書かない。


最後にみんなで。

| - | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:23 | - | - | pookmark |









http://takuouchi.jugem.jp/trackback/421